FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパケアーでふっくら

2年近くケアーをしている15歳のリキちゃんの足先です。
お家が近くなので週2~3回ケアーに行っています。

最初の頃はこんな感じでした。

ケア前

           それが

リンパケアーを続けているうちに、こんなに…

ケア後
 
           ふっくら!!

こんな風な目にもはっきりわかるようになったのは
マッサージだけのケアーから
リンパを意識したケアーを始めてから
なので
2ヶ月目だったのです。

初めてのケアーは二度の胃捻転後でした。

その前のおでぶちゃんの頃のリキとは見間違えるほど
驚くほど痩せてしまっていて、あばらが見えていて、
勿論ご両親はもう良くならないと先生に言われ笑顔はなかった。
舌ももう折れ曲がったままで、
自力では食べられないだろうとまで言われていたのです。

でもリキ本人は生命力にあふれ、
大声で跳ねながら私を呼んでいたので、
その時はっきりと「リキは回復出来る」って感じたの。

その後、体重は元に戻りはじめたけれど
足先の事もずっと何とかならないかと思っていたところ、
リンパケアーを思いついたのです。

それからは、足裏がカサカサ、鼻の頭もカサカサだったことを
獣医さんに尋ねてもらい、
その結果主治医は「もう年だからね」って。

でもね、そんなことはなかったのだ。
ガサガサどころか、今ややわらかくて
プリプリの肉球になりました。

そんなこんなでリキは2ヶ月かかったけれど
多くの生徒さんからの声を聞くと、
3週間前後になるかと思います。

で、その後生徒さんの10歳前後の子は、
3週間で変化が見られるというデータができました。

リキちゃん  自宅でできるケアーでこんなに変われるの。
  こんなケアを知って実践していただきたくて、
  リンパケアーセミナーを始めたの。

  リキちゃんは、私の先生です。
  リキちゃんから始まって、現在、
  地域の10数匹の犬猫ケアーを、
  週1~2回訪問させていただいています。

  リンパケアー、お問合わせくださいね!
  *セミナー内容はこちら  >>
  *お申込みはこちらです。>>


スポンサーサイト
関連記事

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

救助犬として活躍している子のケアー

先日、救助犬として活躍しているベル&サーチのお宅へ、
リンパケアーの再受講で伺いました。

消防(レスキュー)との合同訓練で頑張っている写真(左)です。

再受講1

ママさんは、

「もうすぐ10歳でも現役で救助犬をやっているベルのためにも
 ケアの技術を頑張って向上させていかなきゃです!!」

と、おっしゃっています。


10歳になる先輩犬と4歳の後輩犬の生活は、
やはりやんちゃなサーチちゃんの行動を目で追うベルちゃんの
「後輩犬には負けないぞっ」ていう頑張りが、
気力を盛り上げているなって感じられ、
それと同時にストレスもあるのかもと。

そこで まずはベルちゃんのケアー。

週末になると訓練にいくのが大好きなベルちゃん。
飼い主さんの希望は疲労回復と筋肉疲労の手当です。
大きな体は思った以上にさわり心地の良い筋肉が私の心を弾ませ、
一番気になった後肢にたどりついたの。
大きな関節を暖めながら(温湿布ですると湿熱によってゆるむ)
関節をサポートしたり、ストレッチで流れを促したりとケアー。

筋肉疲労は筋肉にたまった老廃物を一刻も早く排泄させてあげること。
それにはリンパの流れを無視することはできないことをご説明。
運動前の循環促進が大切、そして十分な休息に運動後のスムーズな乳酸の排泄を。

特に弱くなっている箇所があれば、
必ず運動前の準備ケアーをしていると目に見えて変化が現れるように思えます。
一番の解りやすい場所は肉球の状態で、早ければ3週間でふっくら肉球になる。
(多くの方がそうおっしゃる)

また年を重ねていくうちに、
人でもそうであるように唾液がすくなくなっていく。
鼻涙管がつまり気味になったり。

動物もまたそうです。その結果、室外の温度差によわくなったり、
涙目が多くなったり、声が出にくくなったりと
色々な困難なことになっていきます。

頭部から首にかけてのケアーは日常的にとりいれていただけるといいですね。
ケガのないように、元気で活躍してね!
ありがとうございました。

ベル&サーチ

関連記事

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

季節の症状とリンパケアー

こんにちは サベラです!

これから私の想いや仕事や地域での活動のこと…
いろいろお伝えしていきますね。

今日はサベラのセミナーのお話を少しします。

セミナーには、
ヒト用の「ハンドトリートメント」と、
ヒトと犬(猫、フェレット、ウサギにも)のリンパケアー」があります。


嬉しいことに再受講してくださる方も多く
サベラのサロンに来ていただいたり、ご自宅へ出張させていただいたり。

リンパケアーでは、犬へのリンパを実践して、理解してきてくれる方たちは、
再受講ではさらにその先を求めてこられます。
受講時期や、求められることによって内容はさまざま。

今の季節なら、リンパケアでお伝えてしている花粉症の緩和ケアも、
顔へのタッチもあるということとか、
鼻炎や涙目をリンパケアーで予防と緩和できることとか…。

そう、最近は床暖房のぬくぬく生活を送る子のなかには
ドライアイで目薬を処方されている子もいますが、
涙目の場合と同様にリンパケアーで緩和できます。
角膜への負担を少なくして老化しにくいことは大切。
このケアーは、私のいとこのお家のコにも結果が出ているので
お知らせしておきます。

こんなふうに求められることによって、
毎回全く同じ内容ではないけれど、
細かくもっと知りたい事を確実に伝えていけます。
リンパは経絡とも関係するから、
温灸をされている方たちはわかりやすいかも、と思います。

一度リンパケアーセミナーを受講されて、

「これはどうすればいいんだっけ?」

「なんだか自己流でするようになっていないかしら?」

「こんな症状の時もいいのかな?」

という方も、再受講で復習+αでしっかり覚えて役立てていって頂きたいです。


あっ、初受講の出張セミナーも行います。お問合わせお待ちしています。 >>
左のメールフォームからもできます。


写真はインドでの修業時代(笑)の一枚。
これから和尚に会いに行くところです。
瞑想やボディワーク――ここで多くのことを学んだ私。
そんなお話もまたお伝えしていきます。

サベラl

関連記事

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

料金設定・改定のお知らせ

2010年3月8日より、下記のように料金を設定・改定いたします。
何卒よろしくお願いいたします。


ハンドトリートメント受講→リンパケア受講される場合の割引はなくなります。


【喜ばれるハンドトリートメント】 再受講料を設定いたしました。

 ◆講習料 15,000円 (再受講の方:1日 8,000円)


【人と犬(猫)のためのリンパケア】 再受講料を改定いたしました。

 ◆講習料 12,000円 (再受講の方:5,000円
  → 2010年3月8日からのお申込み 8,000円 に改定いたします。)



よろしくお願いいたします。

関連記事
プロフィール

sabera(サベラ)

Author:sabera(サベラ)
【Sabera サベラ】
HPはこちら >> sabera


ホリスティックセラピスト(ボディーバランス)
カラーセラピスト
ドックマッサージセラピスト

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。