スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣医さんのグループ往診

今日は2ヶ月に一度の、
リキちゃん友だち宅まで獣医さんが往診にいらしてくれる日でした。

先生はご自分の病院の診療後に遠くからお見えになって
この日は到着が8時半頃になってお疲れなのに
全ての子が終わったのは11時ごろでした。
看護士さんお二人と先生本当にお疲れさまでした。

リキは順番がくるまでお家で待機。
その間、リキ友のホールデンちゃんとパールちゃんも合流していて、
おしゃべりなホールデンちゃんがその場を楽しく過ごさせてくれました。

さーて、そろそろ行きましょうかって事でリキ友宅へ。

おどろいたぁー今日は待っているワンコだけでも8頭も。
それプラス飼い主さんだもの。溢れているのだ。

先生も大変で、飼い主の宴会場となりつつある現場では
『聴診器の音が聴きずらいなぁ~』って、
優しく言ってその場を静かにしています。

すごいな!
設備もない難しい環境でも穏やかに飼い主さんの質問にも
とってもわかり易くアドバイスしてくれています。

そして数年前からこうやって、
リキ友宅でのグループ往診をして下さっているので
全ての子への変化を観察して見守っていて下さっています。
なんと言ってもこのご自宅を提供して下さる
ランちゃん&元気君のママにも頭が下がります。
本当に素敵な地域犬の輪です。

ワンコ同士はと言うと、いつもながら先生がいると言うだけで、
みーんなワンともスンとも言わず面白い光景。
やっぱり 先生オーラがわかるんでしょうねぇ。

さてさて リキの番。

往診

今回も歯石除去とガスの溜まり方の影響や
白内障の具合を診て頂きました。

その先生のスゴい所は麻酔なしで歯石除去をしてしまう早業です。
リキは15歳なので麻酔はさせたくない…
そんな気持ちをくんでかリキもとっても頑張りました。
(他の子もみんな歯石をその場で取ってもらっていました)

看護士さん二人の補助ではその日は足りず、私も参加したので写真が少なくて
わかりにくい写真になってしまいましたが。
こんな様子です。

歯石取り

白内障は進んでいないって。リンパケアーが良いんだと思うな。
胃腸の具合も大丈夫。

笑ってしまったのは リキママが

『耳が遠くなっているようなのですが』

って、伝えると、

『リキちゃんは聞こえてない振りをしてとぼけているんだと思いますよぉ~』

だって。

リンパケアーを続けていると伝えると

『それは 贅沢だなぁ』って、

嬉しいお言葉いただきましたよ。

この小さな町に心暖かい輪が地域犬の環境をよりよくしているのは幸せです。

グループ検診では近所にある獣医師との関係不和が起きた方や
遠くまで連れて行けないお年を召した飼い主さん。
色々な事情があるかたもとっても助かっていると思います。

二ヶ月後にまたお邪魔しますとお伝えして
リキの頬の筋肉をほぐしつつ(力んでたからね)
良く頑張ったと顔をみあわせて帰りました。

関連記事

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sabera(サベラ)

Author:sabera(サベラ)
【Sabera サベラ】
HPはこちら >> sabera


ホリスティックセラピスト(ボディーバランス)
カラーセラピスト
ドックマッサージセラピスト

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。